「歯科技工士になろう」は歯科技工士を就職の選択肢としている人向けの進学&進路情報サイトです。

歯科技工士の仕事

歯科技工士はミクロにこだわる職人的な専門技術で患者さんの「健康」と「美しさ」を守る仕事です。

具体的には、歯科技工士が患者さんに直接触れることはありませんが、歯科医師が採った歯型に石膏剤等を流し込んで、一人ひとりの歯の模型を作り、金属や合成樹脂を使って義歯や詰め物を制作していきます。

歯は少しのズレでも違和感を感じます。噛みあわせが悪く噛む力が低下すると、身体全体の健康にも害が及ぶと言われています。
歯科技工士は「食べる」「話す」という、人間が生きていく上で欠かせない歯、患者さんの健康を、技術力で支える医療従事者の一人なのです。

さらに近年、単なる悪い部分の治療に留まらず「歯の美しさ(審美)」のための歯科医療のニーズが増えてきています。審美治療においては、歯ならびや歯の形、色などを整え、より自然に美しく見せることが重要で、そのため、「セラミックス」を使った義歯や、人工ダイアモンドを使用した「ジルコニアフレーム」など新しい素材や技術も次々と開発されてきていて、歯科技工士にも高度で繊細な技術力が求められています。

また、コンピュータを使ってのデザインや切削(CAD/CAM)が保険適用されたり、スポーツマウスガードが急速に拡がっています。

歯科技工士は、自分の作ったものが患者さんの一部となって健康を支え、美しい歯を喜んでもらえるるという、他では味わえない喜びややりがいがある業種といって良いでしょう。

また、歯科技工士の国家資格と専門技術は一生モノであり、男女、年齢、海外も含め地域を問わず、自分の技術力次第で活躍することができます。さらに医療技術職の中でも開業権をもつ資格であるため、自分で歯科技工所などを開業することも可能なのも魅力です。


「歯科技工士になろう」
運営者情報

将来の進路を考えるなら
「歯科技工士になろう」

「将来の進路を考える」編集部

↑ PAGE TOP