「歯科技工士になろう」は歯科技工士を就職の選択肢としている人向けの進学&進路情報サイトです。

歯科技工士になるには

歯科技工士は国家資格ですが、歯科技工士になるには、まず国が認定する養成施設で必要課程を修了する必要があります。

養成施設での必要課程を修了しないと、国家試験の受験資格も得られませんので、まずは養成施設でしっかりと知識・技術を身につけることが第一です。
現在養成施設には、4年制の大学と、3年制の専門学校、2年制の専門学校と短大があり、歯や口腔に関する解剖学から、歯科医療で使われるさまざまな機械・器具の性質や操作方法、クラウンやブリッジ、歯列矯正といった歯科技工技術まで、歯と歯科技工に関する幅広い知識、技術を学びます。

養成施設で必要課程を終了した後、歯科技工士の国家試験を受験します。
歯科技工士の国家試験の合格率は 90%前後で、ちゃんと養成施設で勉強しておけば難しいレベルではありません。

国家試験に合格の後、居住地の保健所に免許申請を行うことで歯科技工士として登録され、そこで初めて歯科技工士として働くことができるようになります。

でも、歯科技工士は経験と確かな技術力が求められる仕事です。一般的に一人前になるには 3~5年以上の実務経験が必要と言われていて、資格取得後も実務の中で日々勉強、鍛錬を重ねることが大切です。歯科技工士は医療の一端を担う専門職なのですから。


「歯科技工士になろう」
運営者情報

将来の進路を考えるなら
「歯科技工士になろう」

「将来の進路を考える」編集部

↑ PAGE TOP