「歯科技工士になろう」は歯科技工士を就職の選択肢としている人向けの進学&進路情報サイトです。

歯科技工士の資格試験

歯科技工士は国家資格

歯科技工士は国家資格です。

歯科技工士の国家試験は、2016年から全国統一となり厚労省が実施します。年1回、毎年 2~3月頃に開催され、マークシート方式の「筆記試験」と、歯型彫刻などの「実技試験」が行われます。

筆記試験では、歯や口腔に関する解剖学から、クラウンやブリッジ、歯列矯正に関する知識、歯科技工法などの関係法規など、歯科技工に関わる幅広い専門知識が問われます。
実技試験では、「カービング」とよばれる石こうを使った歯型彫刻、総義歯を使った歯肉形成などの必修試験に加え、クラウンのワックス形成など、各都道府県や年度ごとに異なる任意問題があります。

養成施設(学校)では試験対策などもしっかり行われますので、学校できっちり勉強しておけば合格は難しくありません。これまでは合格率は90%前後と高い水準です。
歯科技工士の国家試験に合格し、実際の現場に出ると、ミスが許されない緻密な作業が要求されてきますので、養成施設(学校)では知識や技術をしっかりと自分のものにすることが大切でしょう。


「歯科技工士になろう」
運営者情報

将来の進路を考えるなら
「歯科技工士になろう」

「将来の進路を考える」編集部

↑ PAGE TOP