「歯科技工士になろう」は歯科技工士を就職の選択肢としている人向けの進学&進路情報サイトです。

歯科技工士に向く人

手先が器用な人にピッタリ

歯科技工士が扱うのは「体の一部」です。ほんの少しのズレがあっても、それが患者さんにとって違和感や不快感になったり、時には健康に害を及ぼすこともあります。
歯という小さな部分を扱う仕事ですので、細かく丁寧な作業と、"コンマ何ミリ"の正確性が求められます。手先を使う作業が得意という方や、細かな仕事が好きな方には、ピッタリ合う職業です。

細かい作業が苦にならない人

では「手先が器用でなくてはダメ」かというと、そんなことはありません。彫刻刀など様々な道具を使って細かな作業を行いますので、「カッターが使えない」「エンピツが削れない」といった基本的な作業ができないレベルだと、少なからずハンデにはなりますが、養成所等では一から知識や技術を学びますし、たくさんの練習も重ねますので、努力と経験の積み重ねでカバーできることがほとんどです。
歯科技工はアーティスティックな技術というより、医学的知識に基づいた正確な作業、一つひとつの細かな作業を丁寧に、確実に進めていく根気強さが求められる仕事ですので、器用かどうかというより、「細かい作業が嫌い」「コツコツやることができない」という人には、基本的に向かない仕事だといえます。

細部へのこだわりをもてる人

近年、審美歯科に対するニーズの高まりから「美しく見せる」技術がとても重要です。歯は人の顔を構成するパーツであるため、美しい歯であるかどうかが表情や顔の印象にも影響してきます。噛みあわせなどの機能性を追求した上にさらに、形や色を自然に美しく整える繊細な技術とセンス、「見た目」や「美しさ」へのこだわりも、これからの歯科技工士には欠かせません。


「歯科技工士になろう」
運営者情報

将来の進路を考えるなら
「歯科技工士になろう」

「将来の進路を考える」編集部

↑ PAGE TOP