「歯科技工士になろう」は将来の進路を考えるサイトです。歯科技工士の将来性とは?歯科技工士になるには?

歯科技工士とは

歯科技工士とは|歯科技工士の将来性■歯科技工士は歯科医療の専門技術職
歯科技工士は、歯の治療の時に使う詰め物やかぶせ物、さし歯、矯正装置など義歯を制作する専門技術職です。“モノづくり”の立場から歯科医療を支えるのが「歯科技工士」です。


歯科技工士と歯科医の違い

歯科技工士と歯科医の違い|歯科技工士の将来性歯科技工士が患者さんに直接触れることは認められていない為、歯科医が取った歯型やその依頼をもとに、義歯や矯正装置を制作したり修正を行います。
歯科医院で患者さんに接するのは歯科医師や歯科衛生士なので、一般の人が「歯科技工士」という職業を目にすることはほとんどないと言えます。しかし、実際は歯科医師だけで歯の治療が成り立っているわけではなく、専門技術者として“モノづくり”の立場から歯科医療を支えているのが「歯科技工士」です。

歯科技工士の将来性

歯科技工士の将来性|歯科技工士になるには歯科技工士の将来性ですが、高齢化社会において高齢者の健康を支える「歯」の健康は欠くことができません。さらに単なる歯の機能だけでなく、「見た目の美しさ」という審美歯科にニーズも高まってきている現代では歯科技工士の役割は以前よりもより重要になっていくでしょう。


「歯科技工士になろう」
運営者情報

将来性で進路を考えるなら
「歯科技工士になろう」

「将来の進路を考える」編集部

↑ PAGE TOP